>教育>>正文

乳児ボツリヌス症で日本全国初の死亡例 蜂蜜が原因か

原标题:乳児ボツリヌス症で日本全国初の死亡例 蜂蜜が原因か

怎样才能获得更多的日语资料和信息

東京・足立区の生後6か月の男の子が、離乳食として与えられた蜂蜜が原因と見られる乳児ボツリヌス症で死亡していたことがわかりました。死亡したのは東京・足立区の生後6か月の男の子です。

东京立足区,出生6个月的男婴因幼儿肉毒杆菌中毒症而死亡,幼儿被喂断乳食品蜂蜜被认为是治病原因。死者是东京立足区,出生6个月的男婴。

東京都によりますと、ことし2月、都内の医療機関から「入院している男の子に神経症状が出ていて、離乳食として蜂蜜を与えられている」と保健所に連絡がありました。男の子はけいれんや呼吸不全などの症状が見られ、先月30日に死亡しました。

从东京都获悉,今年2月,东京都内的医疗机构联系了保健站,得知住院的男孩出现神经症状,被喂了断乳食品蜂蜜。男孩出现了抽搐、呼吸困难等症状,上个月30日死亡。

男の子は発症する1か月ほど前から離乳食として蜂蜜を混ぜたジュースを与えられていて、男の子の便と自宅に保管していた蜂蜜からボツリヌス菌が検出されたということです。

据说男孩从出现症状一个月前开始被喂参有蜂蜜的断乳果汁,从男孩的大便以及家里保存的蜂蜜里检出了肉毒杆菌。

保健所は7日、男の子の死因は乳児ボツリヌス症と断定しました。

保健站7日断定男孩的死因是幼儿肉毒杆菌中毒症。

乳児ボツリヌス症は、腸内の環境が整っていない1歳未満の乳児だけに見られ、東京都は1歳未満の乳児には蜂蜜を与えないよう注意を呼びかけています。

幼儿肉毒杆菌中毒症只见于不满一岁的婴儿,他们的肠道发育还不完整,东京都呼吁不要给不满1岁的婴儿喂蜂蜜。

東京(とうきょう)足立(あだち)区(く)の生後(せいご)6か月(げつ)の男(おとこ)の子(こ)が、離乳食(りにゅうしょく)として与(あた)えられた蜂蜜(はちみつ)が原因(げんいん)と見(み)られる乳児(にゅうじ)ボツリヌス症(しょう)で死亡(しぼう)していたことがわかりました。死亡しぼうしたのは東京とうきょう・足立あだち区くの生後せいご6か月げつの男おとこの子こです。

東京(とうきょう)都(と)によりますと、ことし2月(にがつ)、都内(とない)の医療(いりょう)機関(きかん)から「入院(にゅういん)している男(おとこ)の子(こ)に神経(しんけい)症状(しょうじょう)が出(で)ていて、離乳食(りにゅうしょく)として蜂蜜(はちみつ)を与(あた)えられている」と保健所(ほけんじょ)に連絡(れんらく)がありました。男(おとこ)の子(こ)はけいれんや呼吸(こきゅう)不全(ふぜん)などの症状(しょうじょう)が見(み)られ、先月(せんげつ)30日(にち)に死亡(しぼう)しました。

男(おとこ)の子(こ)は発症(はっしょう)する1か月(げつ)ほど前(まえ)から離乳食(りにゅうしょく)として蜂蜜(はちみつ)を混(ま)ぜたジュースを与(あた)えられていて、男(おとこ)の子(こ)の便(びん)と自宅(じたく)に保管(ほかん)していた蜂蜜(はちみつ)からボツリヌス菌(きん)が検出(けんしゅつ)されたということです。

保健所(ほけんじょ)は7日(にち)、男(おとこ)の子(こ)の死因(しいん)は乳児(にゅうじ)ボツリヌス症(しょう)と断定(だんてい)しました。

乳児(にゅうじ)ボツリヌス症(しょう)は、腸(ちょう)内(ない)の環境(かんきょう)が整(ととの)っていない1歳(さい)未満(みまん)の乳児(にゅうじ)だけに見(み)られ、東京(とうきょう)都(と)は1歳(さい)未満(みまん)の乳児(にゅうじ)には蜂蜜(はちみつ)を与(あた)えないよう注意(ちゅうい)を呼(よ)びかけています。

关注日语港

关注日语港获得以下信息

学术会议通知/日语界活动报道/日语资料/文学朗诵/精品课程/还有更多精彩

日语港网站:

http://www.jpinfo.cn http://www.ryjp.com返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。
阅读 ()
投诉
免费获取
今日搜狐热点
今日推荐