>动漫>>正文

夢十夜 第五夜 (夏目漱石)

原标题:夢十夜 第五夜 (夏目漱石)

表現よみ:渡辺知明

第五夜

こんな夢を見た。

何でもよほど古い事で、神代 かみよに近い昔と思われるが、自分が軍 いくさをして運悪く敗北 まけたために、生擒 いけどりになって、敵の大将の前に引き据 すえられた。

その頃の人はみんな背が高かった。そうして、みんな長い髯を生 はやしていた。革の帯を締 しめて、それへ棒のような剣 つるぎを釣るしていた。弓は藤蔓 ふじづるの太いのをそのまま用いたように見えた。漆 うるしも塗ってなければ磨 みがきもかけてない。極 きわめて素樸 そぼくなものであった。

敵の大将は、弓の真中を右の手で握って、その弓を草の上へ突いて、酒甕 さかがめを伏せたようなものの上に腰をかけていた。その顔を見ると、鼻の上で、左右の眉 まゆが太く接続 つながっている。その頃髪剃 かみそりと云うものは無論なかった。

自分は虜 とりこだから、腰をかける訳に行かない。草の上に胡坐 あぐらをかいていた。足には大きな藁沓 わらぐつ穿 はいていた。この時代の藁沓は深いものであった。立つと膝頭 ひざがしらまで来た。その端 はしの所は藁 わらを少し編残 あみのこして、房のように下げて、歩くとばらばら動くようにして、飾りとしていた。

大将は篝火 かがりびで自分の顔を見て、死ぬか生きるかと聞いた。これはその頃の習慣で、捕虜 とりこにはだれでも一応はこう聞いたものである。生きると答えると降参した意味で、死ぬと云うと屈服 くっぷくしないと云う事になる。自分は一言 ひとこと死ぬと答えた。大将は草の上に突いていた弓を向うへ抛 なげて、腰に釣るした棒のような剣 けんをするりと抜きかけた。それへ風に靡 なびいた篝火 かがりびが横から吹きつけた。自分は右の手を楓 かえでのように開いて、掌 たなごころを大将の方へ向けて、眼の上へ差し上げた。待てと云う相図である。大将は太い剣をかちゃりと鞘 さやに収めた。

その頃でも恋はあった。自分は死ぬ前に一目思う女に逢 あいたいと云った。大将は夜が開けて鶏 とりが鳴くまでなら待つと云った。鶏が鳴くまでに女をここへ呼ばなければならない。鶏が鳴いても女が来なければ、自分は逢わずに殺されてしまう。

大将は腰をかけたまま、篝火を眺めている。自分は大きな藁沓 わらぐつを組み合わしたまま、草の上で女を待っている。夜はだんだん更 ふける。

時々篝火が崩 くずれる音がする。崩れるたびに狼狽 うろたえたように焔 ほのおが大将になだれかかる。真黒な眉 まゆの下で、大将の眼がぴかぴかと光っている。すると誰やら来て、新しい枝をたくさん火の中へ抛 な込 こんで行く。しばらくすると、火がぱちぱちと鳴る。暗闇 くらやみ弾 はじ返 かえすような勇ましい音であった。

この時女は、裏の楢 ならの木に繋 つないである、白い馬を引き出した。鬣 たてがみを三度撫 なでて高い背にひらりと飛び乗った。鞍 くらもない鐙 あぶみもない裸馬 はだかうまであった。長く白い足で、太腹 ふとばら蹴 けると、馬はいっさんに駆 かけ出した。誰かが篝りを継 つ足 たしたので、遠くの空が薄明るく見える。馬はこの明るいものを目懸 めがけて闇の中を飛んで来る。鼻から火の柱のような息を二本出して飛んで来る。それでも女は細い足でしきりなしに馬の腹を蹴 けっている。馬は蹄 ひづめの音が宙で鳴るほど早く飛んで来る。女の髪は吹流しのように闇 やみの中に尾を曳 ひいた。それでもまだ篝 かがりのある所まで来られない。

すると真闇 まっくらな道の傍 はたで、たちまちこけこっこうという鶏の声がした。女は身を空様 そらざまに、両手に握った手綱 たづなをうんと控 ひかえた。馬は前足の蹄 ひづめを堅い岩の上に発矢 はっし刻 きざみ込んだ。

こけこっこうと鶏 にわとりがまた一声 ひとこえ鳴いた。

女はあっと云って、緊 しめた手綱を一度に緩 ゆるめた。馬は諸膝 もろひざを折る。乗った人と共に真向 まともへ前へのめった。岩の下は深い淵 ふちであった。

蹄の跡 あとはいまだに岩の上に残っている。鶏の鳴く真似 まねをしたものは天探女 あまのじゃくである。この蹄の痕 あとの岩に刻みつけられている間、天探女は自分の敵 かたきである。

次回をお楽しみに

本期介绍好友李本松先生的书法作品

李本松,永和轩主人,字诗雨,号夷仁,1963年生,河南开封人,开封大学教授,当代著名书画家。受家庭影响,自幼酷爱书画艺术,上世纪80年代毕业于河南大学艺术学院国画专业;其书法受教于著名学者、书法教育家欧阳中石先生。

1986年开始从事书法创作,1993年始在开封大学从事书法、绘画教学工作。系民建会员、中国书法家协会会员、中国当代艺术网书法艺术顾问、开封市政协委员。现担任民建中央书画院艺委会副主任、开封政协书画院副院长、中国书法研究院专职书法家、首都博物馆画院特聘书法家、中国书画研究院院务委员、中国职业画家协会理事、北京彬燊阁艺术会馆签约书法家等职务。其作品多次在国家及海内外书法大赛中获奖,并出版多部作品集,为10多本报刊杂志和多部纪录片题写刊名(片名),其作品多次被国家领导、海外华侨及影视界名人收藏。

联系电话:13700780666

李本松书王羲之兰亭序及后拨

永和九年,岁在癸丑,暮春之初,会于会稽山阴之兰亭,修禊事也。群贤毕至,少长咸集。此地有崇山峻岭,茂林修竹,又有清流激湍,映带左右,引以为流觞曲水,列坐其次。虽无丝竹管弦之盛,一觞一咏,亦足以畅叙幽情。

是日也,天朗气清,惠风和畅。仰观宇宙之大,俯察品类之盛,所以游目骋怀,足以极视听之娱,信可乐也。

夫人之相与,俯仰一世。或取诸怀抱,悟言一室之内;或因寄所托,放浪形骸之外。虽趣舍万殊,静躁不同,当其欣于所遇,暂得于己,快然自足,不知老之将至;及其所之既倦,情随事迁,感慨系之矣。向之所欣,俯仰之间,已为陈迹,犹不能不以之兴怀,况修短随化,终期于尽!古人云:“死生亦大矣。”岂不痛哉!

关注日语港获得以下信息

学术会议通知/日语界活动报道/日语资料/文学朗诵/精品课程/还有更多精彩

日语港网站: http://www.jpinfo.cn http://www.ryjp.com返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。
阅读 ()
投诉
免费获取
今日搜狐热点
今日推荐