>娱乐>>正文

夢十夜 第七夜

原标题:夢十夜 第七夜

表現よみ:渡辺知明

第七夜

何でも大きな船に乗っている。

この船が毎日毎夜すこしの絶間 たえまなく黒い煙 けぶりを吐いて浪 なみを切って進んで行く。凄 すさまじい音である。けれどもどこへ行くんだか分らない。ただ波の底から焼火箸 やけひばしのような太陽が出る。それが高い帆柱の真上まで来てしばらく挂 かかっているかと思うと、いつの間にか大きな船を追い越して、先へ行ってしまう。そうして、しまいには焼火箸 やけひばしのようにじゅっといってまた波の底に沈んで行く。そのたんびに蒼 あおい波が遠くの向うで、蘇枋 すおうの色に沸 わき返る。すると船は凄 すさまじい音を立ててその跡 あと追 おっかけて行く。けれども決して追つかない。

ある時自分は、船の男を捕 つらまえて聞いて見た。

「この船は西へ行くんですか」

船の男は怪訝 けげんな顔をして、しばらく自分を見ていたが、やがて、

「なぜ」と問い返した。

「落ちて行く日を追かけるようだから」

船の男はからからと笑った。そうして向うの方へ行ってしまった。

「西へ行く日の、果 はては東か。それは本真 ほんまか。東 ひがし出る日の、御里 おさとは西か。それも本真か。身は波の上。枕 かじまくら。流せ流せ」と囃 はやしている。舳 へさきへ行って見たら、水夫が大勢寄って、太い帆綱 ほづな手繰 たぐっていた。

自分は大変心細くなった。いつ陸 おかへ上がれる事か分らない。そうしてどこへ行くのだか知れない。ただ黒い煙 けぶりを吐いて波を切って行く事だけはたしかである。その波はすこぶる広いものであった。際限 さいげんもなく蒼 あおく見える。時には紫 むらさきにもなった。ただ船の動く周囲 まわりだけはいつでも真白に泡 あわを吹いていた。自分は大変心細かった。こんな船にいるよりいっそ身を投げて死んでしまおうかと思った。

乗合 のりあいはたくさんいた。たいていは異人のようであった。しかしいろいろな顔をしていた。空が曇って船が揺れた時、一人の女が欄 てすり倚 よりかかって、しきりに泣いていた。眼を拭く手巾 ハンケチの色が白く見えた。しかし身体 からだには更紗 さらさのような洋服を着ていた。この女を見た時に、悲しいのは自分ばかりではないのだと気がついた。

ある晩甲板 かんぱんの上に出て、一人で星を眺めていたら、一人の異人が来て、天文学を知ってるかと尋ねた。自分はつまらないから死のうとさえ思っている。天文学などを知る必要がない。黙っていた。するとその異人が金牛宮 きんぎゅうきゅう頂 いただきにある七星 しちせいの話をして聞かせた。そうして星も海もみんな神の作ったものだと云った。最後に自分に神を信仰するかと尋ねた。自分は空を見て黙っていた。

或時サローンに這入 はいったら派手 はで衣裳 いしょうを着た若い女が向うむきになって、洋琴 ピアノ弾 ひいていた。その傍 そばに背の高い立派な男が立って、唱歌を唄 うたっている。その口が大変大きく見えた。けれども二人は二人以外の事にはまるで頓着 とんじゃくしていない様子であった。船に乗っている事さえ忘れているようであった。

自分はますますつまらなくなった。とうとう死ぬ事に決心した。それである晩、あたりに人のいない時分、思い切って海の中へ飛び込んだ。ところが――自分の足が甲板 かんぱんを離れて、船と縁が切れたその刹那 せつなに、急に命が惜しくなった。心の底からよせばよかったと思った。けれども、もう遅い。自分は厭 いやでも応でも海の中へ這入らなければならない。ただ大変高くできていた船と見えて、身体は船を離れたけれども、足は容易に水に着かない。しかし捕 つかまえるものがないから、しだいしだいに水に近づいて来る。いくら足を縮 ちぢめても近づいて来る。水の色は黒かった。

そのうち船は例の通り黒い煙 けぶりを吐いて、通り過ぎてしまった。自分はどこへ行くんだか判らない船でも、やっぱり乗っている方がよかったと始めて悟りながら、しかもその悟りを利用する事ができずに、無限の後悔と恐怖とを抱 いだいて黒い波の方へ静かに落ちて行った。

次回をお楽しみに

陈友东篆刻作品

生肖印 名字印

关注日语港获得以下信息

学术会议通知/日语界活动报道/日语资料/文学朗诵/精品课程/还有更多精彩

日语港网站: http://www.jpinfo.cn http://www.ryjp.com

登陆“日语港”网站,获得更多惊喜返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。
阅读 ()
投诉
免费获取
今日搜狐热点
今日推荐