>动漫>>正文

夢十夜 第八夜

原标题:夢十夜 第八夜

第八夜

床屋の敷居を跨 またいだら、白い着物を着てかたまっていた三四人が、一度にいらっしゃいと云った。

真中に立って見廻すと、四角な部屋である。窓が二方に開 あいて、残る二方に鏡が懸 かかっている。鏡の数を勘定 かんじょうしたら六つあった。

自分はその一つの前へ来て腰をおろした。すると御尻 おしりがぶくりと云った。よほど坐り心地 ごこちが好くできた椅子である。鏡には自分の顔が立派に映った。顔の後 うしろには窓が見えた。それから帳場格子 ちょうばごうし斜 はすに見えた。格子の中には人がいなかった。窓の外を通る往来 おうらいの人の腰から上がよく見えた。

庄太郎が女を連れて通る。庄太郎はいつの間にかパナマの帽子を買って被 かぶっている。女もいつの間に拵 こしらえたものやら。ちょっと解らない。双方とも得意のようであった。よく女の顔を見ようと思ううちに通り過ぎてしまった。

豆腐屋 とうふや喇叭 らっぱを吹いて通った。喇叭を口へあてがっているんで、頬 ほっぺたが蜂 はち螫 さされたように膨 ふくれていた。膨れたまんまで通り越したものだから、気がかりでたまらない。生涯 しょうがい蜂に螫されているように思う。

芸者が出た。まだ御化粧 おつくりをしていない。島田の根が緩 ゆるんで、何だか頭に締 しまりがない。顔も寝ぼけている。色沢 いろつやが気の毒なほど悪い。それで御辞儀 おじぎをして、どうも何とかですと云ったが、相手はどうしても鏡の中へ出て来ない。

すると白い着物を着た大きな男が、自分の後 うしろへ来て、鋏 はさみ櫛 くしを持って自分の頭を眺め出した。自分は薄い髭 ひげ捩 ひねって、どうだろう物になるだろうかと尋ねた。白い男は、何 なにも云わずに、手に持った琥珀色 こはくいろ櫛 くしで軽く自分の頭を叩 たたいた。

「さあ、頭もだが、どうだろう、物になるだろうか」と自分は白い男に聞いた。白い男はやはり何も答えずに、ちゃきちゃきと鋏を鳴らし始めた。

鏡に映る影を一つ残らず見るつもりで眼をみはっていたが、鋏の鳴るたんびに黒い毛が飛んで来るので、恐ろしくなって、やがて眼を閉じた。すると白い男が、こう云った。

旦那 だんなは表の金魚売を御覧なすったか」

自分は見ないと云った。白い男はそれぎりで、しきりと鋏を鳴らしていた。すると突然大きな声で危険 あぶねえと云ったものがある。はっと眼を開けると、白い男の袖 そでの下に自転車の輪が見えた。人力の梶棒 かじぼうが見えた。と思うと、白い男が両手で自分の頭を押えてうんと横へ向けた。自転車と人力車はまるで見えなくなった。鋏の音がちゃきちゃきする。

やがて、白い男は自分の横へ廻って、耳の所を刈 かり始めた。毛が前の方へ飛ばなくなったから、安心して眼を開けた。粟餅 あわもちや、餅やあ、餅や、と云う声がすぐ、そこでする。小さい杵 きねをわざと臼 うすへあてて、拍子 ひょうしを取って餅を搗 ついている。粟餅屋は子供の時に見たばかりだから、ちょっと様子が見たい。けれども粟餅屋はけっして鏡の中に出て来ない。ただ餅を搗く音だけする。

自分はあるたけの視力で鏡の角 かど覗 のぞき込むようにして見た。すると帳場格子のうちに、いつの間にか一人の女が坐っている。色の浅黒い眉毛 まみえの濃い大柄 おおがらな女で、髪を銀杏返 いちょうがえしに結 ゆって、黒繻子 くろじゅす半襟 はんえりのかかった素袷 すあわせで、立膝 たてひざのまま、札 さつ勘定 かんじょうをしている。札は十円札らしい。女は長い睫 まつげを伏せて薄い唇 くちびるを結んで一生懸命に、札の数を読んでいるが、その読み方がいかにも早い。しかも札の数はどこまで行っても尽きる様子がない。膝 ひざの上に乗っているのはたかだか百枚ぐらいだが、その百枚がいつまで勘定しても百枚である。

自分は茫然 ぼうぜんとしてこの女の顔と十円札を見つめていた。すると耳の元で白い男が大きな声で「洗いましょう」と云った。ちょうどうまい折だから、椅子から立ち上がるや否や、帳場格子 ちょうばごうしの方をふり返って見た。けれども格子のうちには女も札も何にも見えなかった。

代 だいを払って表へ出ると、門口 かどぐちの左側に、小判 こばんなりの桶 おけが五つばかり並べてあって、その中に赤い金魚や、斑入 ふいりの金魚や、痩 やせた金魚や、肥 ふとった金魚がたくさん入れてあった。そうして金魚売がその後 うしろにいた。金魚売は自分の前に並べた金魚を見つめたまま、頬杖 ほおづえを突いて、じっとしている。騒がしい往来 おうらいの活動にはほとんど心を留めていない。自分はしばらく立ってこの金魚売を眺めていた。けれども自分が眺めている間、金魚売はちっとも動かなかった。

次回をお楽しみに

编者按:王跃岭是我的好老兄,他的书画造诣很深,借此机会推荐给大家,学习日语之余,品味书法的魅力。

王跃岭书法作品

王跃岭,国家一级书法师,现任开封书法家研究院院长、中国书法家协会会员、中国书画家协会理事、河南省青年书法家协会理事、河南省书法家协会会员、开封市书法家协会理事。

关注日语港获得以下信息

学术会议通知/日语界活动报道/日语资料/文学朗诵/精品课程/还有更多精彩

日语港网站: http://www.jpinfo.cn http://www.ryjp.com

登陆“日语港”网站,获得更多惊喜返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。
阅读 ()
投诉
免费获取
今日搜狐热点
今日推荐