>教育>>正文

成功の秘訣は○○能力にある

原标题:成功の秘訣は○○能力にある

1.世界的な経営コンサルタント、評論家、実業家であるブライアン・トレーシーはこう言っています。

「ビジネスの成功要因は10%の専門知識と90%の○○能力である」と。

その「○○」にはどんな言葉が入ると思いますか。それは意外にも「コミュニケーション」です。言わば、ビジネスが成功するか否かの決め手は、人と人とのコミュニケーションなんです!

にもかかわらず、世の中には話ベタ、口ベタ、交渉ベタ、コミュニケーションベタで悩む経営者・管理職・リーダー、ビジネスパーソンが多いのも事実です。「自分にはコミュニケーション能力がない」と悩む人は想像以上に大勢います。

2.あなたも下記のように感じたことはありませんか。

「社員やスタッフに思っていることがうまく伝わらない」

「社員のために一生懸命にやっているのに分かってくれない」

「やる気を引き出すのが下手である」

「お客様にちゃんと説明しているつもりなのに『結局何が言いたいの?』と言われる」

「職場の人間関係がうまくいっていない」

「人前で話す時や交渉の時に緊張してしまい、うまく説明ができない」

「お客様に対して苦手意識が強く信頼関係を築くことができない」

実はあなたの誠実さや真面目さ、真剣さが社員やスタッフ、お客さんなどに伝わらないのは、あなたに誠実さや真面目さ、真剣さが足りないからではありません。それは必要な「コミュニケーション能力」が少し不足しているからです。

3.どうやってコミュニケーション能力を高めるか、それを教えるマニュアル本が多少なりとも参考になりますが、その中でよく強調されているのは、「ノンバーバルコミュニケーション」です。

ノンバーバルコミュニケーション?それって何?

それは、「言葉以外のコミュニケーション」とお考えください。

4.私は最近になってやっと気が付いたことがあります。つまり、「楽しい話をする時は、楽しい声で、楽しい顔で、楽しい身振りで伝えないと、相手にその楽しさは伝わらない」ということです。

「当たり前じゃん!」ですか?そう、当たり前です。でも、これができている人は案外少ないのです。

5.あなたの周りにもいませんか。

楽しい話をしているのに、楽しさが伝わらない人。

真面目な話をしているのに、その真面目さが伝わらない人。

明るい話をしているのに、その明るさが伝わらない人。

例えば、隣の人に向かって、小さな声で、ブスッとした顔で、下を向いて「ありがとう」と言ってみてください。おそらく、あなたの感謝は相手には伝わらないはずです。

では、隣の人に向かって、明るい声で、満面の笑みで、相手の目を見て、姿勢を正して、「ありがとう」と言ってみてください。あなたの感謝は相手に伝わります。

これが「ノンバーバル」の威力です。そして、この力はなかなか侮れません。

6.「何を伝えるか」はもちろん大事なのですが、それ以上に「どう伝えるか」の方が、遙かに影響の度合いが強いということですよね。

有名な営業コンサルタントの酒井さんを例にすると、彼はよく「明るいですネ!」と言われるそうです。それは、私の知っている限り、酒井さんが「明るくて楽しい話をするから」という訳ではありません。彼は明るくて楽しい「声」と「顔」と「ジェスチャー」で話をするからです。

前にご紹介した白潟敏朗著『すごいしかけ』という本にも、「コミュニケーションの半分は、身振りや手振りで決まります」とあり、それの重要性に関して、次のように述べられています。

7.皆さんは、メラビアンの法則というものをご存じですか。対面コミュニケーションで、聞き手がどこに注目しているかということを解き明かしている法則なんですね。曰く、「話の内容は7%で、口調や抑揚や語調などの話し方が38%、ボディランゲージが55%である」というのです。

また、白潟は、この問題をめぐって、「へそぎき」と「にこチラ」という、二つの「仕掛け」を考えました。「へそぎき」は、臍で聴く――文字通り、話し手に「へそ」を向けるように話を聴くことで、そうすると、相手は話しやすくなります。

では、「にこチラ」は何でしょうか。それは、笑顔を作り相手をチラリと見て好印象を与えることです。

白潟は更に一歩踏み込んで、次のように述べています。

「『話す力』を上げるための6つのコツ、教えます。

わたくし共の会社では、この『ボディランゲージ』をうまく使う話し方を『ボディトーキング』と呼んでいます。

この『ボディトーキング』をうまくやるための重要なキーワードが6つあります」と。

『ボディトーキング』の『6(シックス)トーク』

①スマイル・トーク

②アイ・トーク

③ハンド・トーク

④アクション・トーク

⑤リアクション・トーク

⑥タッチ・トーク

8.まずは①です。これは、読んで字の如し、笑顔になることです。ご機嫌斜めのときは苦労するかも知れませんが、簡単ですよね。

②は簡単ですね。『目は口ほどにものを言う』って言いますが、できている人が多いと思います。臆病な方や自信がないときはちょっと難しいかも知れません。

③は手振りです。

また④は造語なのでイメージしにくいかも知れませんが、身振りのことです。

そして⑤は、相手と同じ身振りを返すことです。例えば、相手が右手をデスクの上に出しているときには、自分の右手を出すとか、腕を組んだら自分も組む、前のめりになってきたら自分も前のめりになる、ということをやればいいのです。

最後の⑥はスキンシップですね。政治家の得意ワザです。政治家はよく『握手の数が選挙の勝敗を決める』なんて言いますよね。やっぱりそれなりの効果があるんだと思います」と。

9.どうですか。一見、簡単そうに見えますから「イエス・ウィー・キャン」と思われるでしょう。しかし、その反面、対人関係が絡んでいますから実践に移すにはかなり勇気が必要ですよ。特に私のような、「オタクチック」と言われる者にとっては、いっとき、自分の臆病の殻を突き破るのに、想像以上のプレッシャーを感じました。以前は、同僚たちの円滑なコミュニケーションぶりを、文字通り、切歯扼腕して見るほかはありませんでした。幸いにして、訓練に訓練を重ねたお陰で、ノンバーバルコミュニケーションのコツが多少は身についてきたのです。

いずれにせよ、コツであれ、テクニックであれ、実践を通して自分の血と肉にしなければ、机上の空論に過ぎないでしょう。

10.最後にプレゼントになりますが、俳優さんたちの録音をいくつか、お聞きください。心の耳で聞けば、きっとその声の「表情」がジーンと胸に迫ってくるに違いありません。

「彼の態度が急に冷たくなった。私を嫌いになったのだろうか」

「そんな条件で俺が承知すると思っているのか?顔を洗って出直せ!」

「お宅のご主人、素敵な方ね。うちの亭主と比べたら月とスッポンだわ」

「誰か、救急車を呼んで!家の前で男の人が血達磨になって倒れているの!」

「A:おばあさん、芸達者ですね。

「B:昔、芸者をしてたの。雀百まで踊りを忘れずね」

(録音の部分は、趙平主編『日语常用惯用句分类学习词典』より)

「ヨシリン:オイ、凶悪犯一家!大人しく正義のおナワに就け!

「ミッチー:就け~!

「野原広志:正義?どうせお前ら賞金が目当てなんだろ?片腹痛いわ!

「ヨシリン:ヒィッ!野原さん落ち着いて。ジョークですよジョーク」

(以上、『クレヨンしんちゃん――嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード』より)返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。
阅读 ()
投诉
免费获取
今日搜狐热点
今日推荐