>教育>>正文

「は」和「へ」为什么会读“wa”和“e”?

原标题:「は」和「へ」为什么会读“wa”和“e”?

「は」を"wa"と読んだり「へ」を"e" と読んだりするのはなぜ?

为什么「は」会读“wa”,「へ」会读“e”?

ひらがなは原則として、発音される音になるべく近いものを表記するようになっています。そうすると「わ」と「え」があるのに「は」と「へ」を用いるのは確かにかなりイレギュラーな表記ということになります。

平假名的一大原则,就是用最接近发音的假名来标记文字。从这一点上来讲,明明有「わ」和「え」却用「は」和「へ」来表示的确有些不符常理。

しかし、歴史的な仮名遣いに着目してみると、「わたしは」や「東京へ」以外の場合でも 'wa' の音に「は」を割り当てたり 'e' に「へ」を割り当てる例はたくさん見られます。例えば「回る」は「まはる」と書き、「この前」は「このまへ」と書きます。

但是,当我们着眼于一直以来的假名用法会发现,除了「わたしは」和「東京へ」之外也有很多情况下将“wa”标注为「は」,将“e”标注为「へ」。比如说「回る」拼作「まはる」,「この前」拼作「このまへ」。

現代語からすると発音とかけ離れた表記にも見えますが、そもそも仮名が誕生した時期に「まはる」は 'mawaru' と発音されてはいませんでした(例えば「は」と表記される音は 'pa' 、後には 'fa' と発音されていたと考えられています)。つまり、当時にしてみれば「まはる」の方がより実際の発音に忠実であったわけです。

从现代日语的角度来看这样的标记脱离了本身的发音,但其实原本在假名诞生之时「まはる」是不读作“mawaru”的(比如说标记「は」的读作“pa”,后来也读做过“fa”。也就是说,在当时而言「まはる」是遵循原本发音的标记。)

ではなぜ仮名表記が改められたときに「わたしは」や「東京へ」だけは古い仮名遣いのままだったのでしょうか。

那为什么在假名标记整改之后只有「わたしは」和「東京へ」还在用旧时的标记方法呢?

これはこれらの「は」や「へ」が助詞であるため、他と区別して読みやすくするという狙いから、古い仮名遣いのままの表記として残されているようです。「を」を「お」と書かないのも同様の理由です。なお、点字では「目で見た時の読みやすさ」ということと関係がないので実際の発音に従い「わたしわ」、「東京え」などのように表記することになっています。

这是因为在这里,「は」和「へ」是用作助词使用的,为了让它和其他场合区分开来更加好读,就保留了原本的标记方法。另外,不将「を」改成「お」也是出于同样的原因。现在,和盲文追求的“如同可以看到一般的易读”无关,也可以顺从原本的发音标注为「わたしわ」、「東京え」。

~気味、~がち、~っぽい有何区别?返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:本文由入驻搜狐号的作者撰写,除搜狐官方账号外,观点仅代表作者本人,不代表搜狐立场。
阅读 ()
投诉
免费获取
今日推荐