>教育>>正文

日本语文法概说

原标题:日本语文法概说

请将下列中的“日语港”链接拷贝到打开的手机浏览器,即可阅读。

http://www.ryjp.com/index.php/Ryxx/index/id/93

まえがき

庭三郎

この本は日本語の文法の本です。

文法とは、文を作るための法、つまり規則のことです。

日本語ができるということは、日本語を聞き、話し、読み、書くことができるということですが、その人の頭の中には、日本語を正しく理解し、使うためのさまざまの知識がつまっています。文法の規則もその中の一つです。この本は、現代日本語の文法をできるだけわかりやすく、体系的に説明しようとする本です。

この本の大きな特徴は、日本語教育を強く意識した文法書だということです。日本語学習者が日本語の文法を少しずつ身につけていくためにはどんな文法記述が必要なのだろうか、ということを考えながら書きました。つまり、日本語教育のための実用文法でもあることをめざしました。

そのため、日本語教科書によくみられる、いわゆる「文型の積み上げ方式」にしたがって文法事項を説明していくことにしました。学習がやさしい、基本的な文型から、だんだん複雑な文型へと進みます。また、最初の予備的な説明は別として、初めから「文」を扱います。

この本は、読者として、日本語教育に関心のある、まとまった文法の知識のない人を想定しています。例えば、中学・高校で国語の文法(国文法・学校文法)をいちおうは習っていても、わかった気がしなかった、そしてまた、英語の時間に英文法を習い、その用語をいくつか記憶しているが、国語の文法との共通点および相違点がよくわからな

い、というような人です。

これまでにもいくつかの優れた文法書が出版されていますが、それらを読んでも難しくてわからなかった人、あるいは記述が短くて物足りなかった人、そのような人たちにも満足してもらえるように、と思って書きました。

なお、日本語というと、万葉集や源氏物語などの古代の言葉も、日本の各地で話されている方言も、みなすべて日本語ですが、この本で扱うのは現代日本の東京の言葉だけです。

そうする理由は、現代東京方言が言語学的に他の方言より重要だというわけではありません。現在の共通語になっているため、日本語教育で中心的に教えられる方言であり、また現代の文章語の基本になっているということによります。

現代日本語文法概説主要目次

まえがき [§00 まえがきへの補説]

0.はじめに[補説§0]

第1部単文(1)基本述語型

1.日本語の文型の概観[補説§1]

2.名詞文 [補説§2]

3.形容詞文[補説§3]

4.動詞文[補説§4][動詞文型調査]

5.「は」について [補説§5]

6.補語のまとめ[補説§6]

7.格助詞のまとめ [補説§7]

8.格助詞相当句

9.名詞・名詞句[補説§9]

10.修飾

11.副詞・副詞句[補説§11]

12.擬音語・擬態語 [補説§12]

13.数量表現

14.形式名詞 [補説§14]

15.指示語[補説§15]

16.疑問語・不定語

17.比較構文

18.副助詞[補説§18]

19.終助詞・間投助詞[補説§19]

主要参考文献

第1部あとがき

第2部単文(2)複合述語

20.複合述語

21.活用・活用形[補説§21]

22.文体について

23.テンス[補説§23]

24.アスペクト [補説§24]

25.ボイス[補説§25]

26.複合動詞 [補説§26]

27.補助動詞・形容詞[補説§27]

28.機能動詞

29.敬語

30.ムードについて [補説§30]

31.依頼など [補説§31]

32.勧誘・意志

33.勧め・忠告 [補説§33]

34.命令表現

35.禁止・許可

36.義務・必然・不必要[補説§36]

37.希望

38.推量・様子・伝聞[補説§38]

39.断定・確信[補説§39]

40.その他のムード [補説§40]

41.感嘆表現

42.疑問文[補説§42]

43.否定

44.単文のまとめ

主要参考文献

第2部あとがき

第2部索引へ

第3部複文

45.複文について[補説§45]

46.並列など [補説§46]

47.逆接

48.時 [補説§48]

49.条件 [補説§49]

50.理由

51.目的

52.様子 [補説§52]

53.程度・比較・限定

54.その他の連用節 [補説§54]

55.連用のまとめ

56.連体節 [補説§56]

57.名詞節 [補説§57]

58.引用 [補説§58]

59.複文のまとめ [補説§59]

第3部あとがき

第3部索引

第4部連文

60. 文のつながり

61. 情報のつながり

62. 文どうしの関係[補説§62]

(63. おわりに)

第4部あとがき

参考文献(詳細)

WORD文档免费下载地址(百度文库)

https://wenku.baidu.com/view/af73a08583d049649b665867.html

庭三郎先生的网站

http://www.geocities.jp/niwasaburoo/返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。
阅读 ()
投诉
免费获取
今日搜狐热点
今日推荐