夏日减肥奇招:蓝色的食物抑制食欲?!

原标题:夏日减肥奇招:蓝色的食物抑制食欲?!

キレイだけど、「青い」食べ物って、食べるのに勇気いりますよね!

虽然很好看,但是“蓝色”的食物,你有勇气吃下去吗?

端的に言えば「不味そう」

说实话,“看上去很难吃”。

食事の時、人はまず「目で味わっている」。

吃东西的时候,人们首先“靠眼睛来识别味道”。

食事の際、感覚の中で一番よく働いているのは、味覚(味)でも嗅覚(香り)でもなく、実は視覚。目の前に置かれた料理に対して、「おいしそう」・「まずそう」の判断をします。

吃东西之前,我们一般都认为首先是味觉和嗅觉在帮我们判断是不是好吃,但其实不是的,首先帮我们进行识别的,是视觉。当食物摆放在我们面前的时候,我们的眼睛就已经判断出“好吃”或是“不好吃”了。

“青”は、鎮静効果が高く、色々な意味で“弱める”要素の高い色。

“蓝色”一般镇静的效果较高,在各种意义上的“削弱”能力很高。

青は体内の消化器官の働きを鈍らせ、食べ物を消化する力を弱める。

蓝色会减缓体内消化器官的运作,从而削弱对食物的消化能力。

そもそも自然界にあまり存在しない色

原本蓝色在自然界中就十分少见

青は自然界でも希少な色、バラ、カーネーションなどは青色の花が自然には存在しません。

蓝色在自然界中可以说是十分稀少的颜色,玫瑰、康乃馨之类的花原本都没有蓝色的。

英語の "Blue Rose" という花言葉には「不可能」「あり得ない」という意味が含まれている。

甚至在英语中,"Blue Rose"的花语也含有“不可能”的意思。

「私は青いバラを見た事がある」という方もいらっしゃると思います。「白いバラに特殊な染料を吸わせて青いバラを作った」ものか、もしくは「デジタル技術で合成した青いバラの画像」でしょう。

也有人说“我见过蓝色的玫瑰”。但其实它是“用白玫瑰吸取特殊染料后人工制作而成的蓝玫瑰”,或者是“PS出的蓝玫瑰”。

植物や食べ物には存在しないので、私たちは異色=気持ち悪いと判断して、食欲が減退してしまう。

因为蓝色在植物或是食物中很少见到,所以我们自然而然就觉得奇怪的颜色=很恶心,食欲自然就减退了。

毒を連想させる

会让人联想到毒药

毒を連想させる青は、昔から食とはかけはなれたイメージ。

因为蓝色总让人联想到毒药,所以从很早之前就和吃的东西划清了界限。

人間は太古の昔より青い食べ物が存在しない自然環境で食料を調達して生きてきたので、本能的に青は食べ物として認識せず、その結果として青い食べ物を見ると食欲が減退してしまう。

从太古时代起,人类就生活在不存在蓝色食物的自然环境中,依靠着自然环境自有的食材生存着,因此我们本能的不把蓝色的东西当做食物看待,结果就是到现在,我们看到蓝色的食物食欲就会减退。

「青」をうまく使えば、ダイエット効果も!?

如果能善用“蓝色”,就可以在减肥上效果把群!?

食欲をコントロールするには、まず視覚から。

综上所述,要控制食欲,就要从视觉上做起。

青い食器や青いテーブルクロス、青いランチョンマットを使うことで食欲を抑制する。

用蓝色的器皿或者蓝色的桌布、餐具垫等小器具来抑制食欲。

ダイエットしたい人は、食卓の照明を蛍光灯に変えると、青っぽい蛍光灯の光によって、黄色い食材などがくすんで見え、食欲がわきにくいそう。

想减肥的人可以将自己饭桌的灯换成荧光灯。在泛蓝色的荧光灯照射下,金灿灿的食物会浑浊起来,想必就很难再有胃口吃下去了。

食品自体を青くしたり......

实在不行,把吃的本身做成蓝色吧......返回搜狐,查看更多

责任编辑:

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。
阅读 ()
免费获取
今日搜狐热点
今日推荐